沖縄情報

奥武山公園のあおぞらパークは楽しい遊具がいっぱいでアスレチック要素も楽しめるおすすめ公園【沖縄の公園情報】

那覇市にある奥武山公園あおぞらパークに子ども達を連れて行ってきました。

ちょうど高校野球の試合がセルラースタジアムで行われていたので駐車場が混んでいたのですが野球部の高校生が誘導してくれていました。

高校生の誘導の元、少しの待ち時間で駐車場に入る事ができましたよ。

奥武山公園にあるあおぞらパークには沢山の遊具があるので初めての人でも楽しめます。

それではあおぞらパークを紹介する前に、遊びに行くのなら公園内ではしっかりルールを守って遊ぶという気持ちを忘れずに。

ちなみにゴミ箱を探せなかったのでゴミ箱必須です。

あおぞらパーク

あおぞらパーク階段上部分は小学生向き

こちらの公園のメインはきっとコレ!

ナンジャムイとりでです。
中央の階段をメインに横には龍をモチーフにした遊具の階段があります。

早速登っていきましょう。

中央の階段を登るとまた遊具があります。
こちらは走り回っている子ども達が多数いました。

奥にはオリのようなアスレチック遊具があります。中にはロープが何段にも張られています。

結構高いので小さな子ともは怖がるかも。

ウチの子は(幼稚園児)上の段は大分ビビってました。

大人だと狭く感じますが入れます。
心配なら子どもと一緒に入ってあげましょう。
常に猫背の体勢になるので腰痛持ちには危険です!

遊具の1番上からの景色です。
実際には身体は出す事が出来ないので、カメラだけ外にだして写真を撮りました。

2種類の渡り橋があります。こっちは足元がしっかりしていますね。

こちらはロープタイプなので多少バランス感覚が必要ですね。

ナンジャムイとりでの年齢は6才〜12才でした。

6才の子どもでもオッケーになっていますが高い箇所も多いので保護者は目を離したらダメですよ!

こちらはメインの階段を登って奥に入った場所です。

木陰が多く人もあまり来ないようなので、ゆっくり休憩するには良い場所でした。

階段を降りた広場部分の遊具や売店周りには外国人観光客や小さな子ども達が沢山いますので休憩スペースも沢山の人で溢れていますので。

こちらで小さめのワンタッチテントなどを立てて休憩すると気持ち良さそうです。

あおぞらパーク階段下はちっちゃな子ども向け

階段下の広場は小さな子ども向けの遊具が沢山。

まずは滑り台。

こちらの滑り台は3才〜6才ですね。

幅も広いので真ん中から滑らせると安定していますし、安心ですね。

もう1つ小さな子ども向けの滑り台があります。

砂場の開放時間は9時〜19時?までかな。砂場セットを持っていけば色々遊べますよ。

備え付けの砂場遊びの道具は無かったので必要な方は忘れずに持っていくこと。

施設情報 トイレ ストアー

下の広場にトイレとストアーがあります。

公園から見える範囲にあるので探すことはないと思います。


ストアーには軽食とカキ氷・ぜんざい・お菓子など。
ストアーの名前は「えんむすび」です。
営業時間は11時30分〜17時。
定休日は月曜・火曜・雨の日です。

もう1度。雨の日は空いてません。


メニュー表です。
肉むすびは美味しそうですね。ぜんざいを食べたかったのですが、子どもが自販機のアイスが食べたいといってきたので。

トイレ横にあるアイスを一緒に食べました。
暑い夏にはアイスが最高です。

あおぞらパークの側には池がある


お世辞にも綺麗とは言えませんが池があります。
この日確認できたのはお魚と亀です。

釣り禁止の看板があったので釣りは禁止です。

アクセス

駐車場はどこがいい?

何ヶ所か駐車場がありますが、あおぞらパークに向かうのであればおすすめはセルラースタジアム裏(野球場裏)にある駐車場がおすすめです。

ゆいレールだと


ゆいレールを利用する方は奥武山公園駅がありますのでこちらで降りると良いと思います。

ゆいレールを利用するのであれば時刻表や料金を確認しましょう。公式サイトで色々確認できます。

ゆいレール公式サイト

施設概要

住所:沖縄県那覇市奥武山町52
地図:Google Map
その他:トイレ有り、売店あり、駐車場あり

ABOUT ME
ミヤ
ミヤ
初めまして、ミヤと申します。 沖縄在住30年以上の生まれも育ちも沖縄っ子です。 現在は沖縄本島の中南部に住んでいますが、過去には北部に5年ほど住んでいました。 このブログでは沖縄の観光情報や遊び場、食事処と薄毛治療(AGA)の正しい治療方法や最新情報を届けていきます。 他にも気になる商品やレビューを行っていきますのでよろしくお願いします。